援デリ業者の危険性

出会い系サイトでタダマンに成功した俺だが、最初から出会い系サイトに興味を持っていたわけではない。興味本位で使った出会い系サイトで小遣いを根こそぎ持って行かれた経験があるから、出会い系サイトを使おうとは一ミリも思っていなかった。だから最初は援デリで抱かせてくれる女を見つけようと思った。だがしかし、援デリはかなり危険だという事が分かって自重することにした。

 

その理由が援デリをする際に仲介している業者が危険だという事だ。援デリは援助交際をしたいと思っている女と、金を払ってでもいいから女を抱きたいと思っている男がいるから成り立つ。その間に入って仲介している業者がいるらしい。最初はその業者にコンタクトをとって、女を紹介してもらうという流れだ。これだとデリヘルと変わらないと思うのだが、そこに落とし穴がある。デリヘルなら風営法の許可をとって合法に営業しているのだが、援デリを仲介している業者は風営法の許可をとらずにやっている。多くは漫画喫茶などのパソコンの前にいて、待機させている女をホテルに向かわせるらしい。だからデリヘルと違いもろに違法なのだ。

 

そんな業者を信用して利用して良いものなのか。もしも違法な業者だという事が警察にばれて摘発された時に、利用したこっちも摘発の対象になるかもしれない。もちろん知らなかったとしらを切ればいいのかもしれない。しかし捜査の手が及ぶのは間違いないだろう。しかも知らなかったでは済まされないことが多い。事実違法な風俗店を利用した客が検挙されたという話を聞いたことがある。自分にそんな事件が降りかかってきたら大変だ。

 

だから援デリの業者を信用することはできない。捜査の手が及んでも問題ないという強い信念があるのならいいが、正直俺にはそんな信念はない。だったら出会い系サイトで割り切りやタダマンをさせてくれる女を見つけたほうがましだ。

 

ホーム