援デリで逮捕されるのか

援デリが危険なのは業者が違法だからという事だけではない。違法な業者に依頼をしてその業者が摘発されるならまだいい。実際に自分が逮捕される可能性がある。それが児童買春だ。援デリで紹介される女はほとんどは18歳未満の少女。多くの場合が女子高生だったり学校に行かない不良少女だ。だから援デリの仲介業者に紹介される女は抱いてはいけない女たちばかりなのだ。もしも18歳未満の女を抱いたら逮捕されるのは当たり前だ。要するにただの援助交際と同じだ。

 

それにいくらこっちが注意していても年齢を詐称して紹介してくる場合だってある。紹介してもらう前に18歳未満の女は嫌だと言っても、年齢を詐称して紹介されたんじゃ防ぎようがない。だったら抱かなきゃいいんだと言っても抱くために援デリをやっているんだから、やらないで金だけ払う訳にはいかない。それに裸になって求められたら抱かないでいられる自信なんてない。頭では児童買春になるからダメなんだって分かっていても、下半身はもう言う事を聞かなくなるだろう。抱かないで帰ることは絶対にできない。

 

だからどれだけ気を付けていても、援デリをするということ自体が児童買春になってしまうのだから危険すぎる。たとえ抱かなかったとしても、二人でホテルに入るところを見られたり、出てくるところを目撃されれば疑いは掛けられて二三日警察署にお泊りになるだろう。家族の事や仕事の事を考えると自重するしかない。きっと俺が逮捕されたら妻も近所の人から白い目で見られるだろうし、息子も学校でイジメに会うことだって考えられる。会社も解雇されて再就職もできない。そうなればこの先どうやって暮らしていけばいいのだろう。だから安全な出会い系サイトでリスクなしに割り切りやタダマンをするほうが絶対に得策だと思う。

 

ホーム